松本救助(漫画家)のブタ愛!好きが高じて国賓にまで?【激レアさん】

松本救助という漫画家さんを

ご存知でしょうか?

2011年に「松本とりも」名義で

デビューされた漫画家さんで、

現在はグランドジャンプや

モーニングでも連載を持つ売れっ子さんです。

すごく色っぽくて綺麗な絵を描かれるんですよ^^

そんな松本救助さんが、

なんととある「ブタさん」つながりのご縁で

某国の「国賓」として迎えられたとか?!

どんなブタさんで、どんなご縁だったのか?

今回は調べてみました^^

スポンサードリンク
<目次>

1.松本救助さんのブタ愛とは?マンガリッツァ豚って?

2.松本救助さんがハンガリーの国賓に?

1.松本救助さんのブタ愛とは?マンガリッツァ豚って?

松本救助さんの連載デビュー作は、

電子コミックサイト「コミックCawaii!」

に掲載されていた「Bar:Mangalica」

という作品だそうです。

そして、なんとその「Bar:Mangalica」の

主人公がブタさんなんです!!

新宿のゴールデン街で、マンガリッツァ豚

マスターを務めるバーのお話だとか・・・。

独特の設定ですごく面白いですよね^^

(現在は色々のご事情で当作品を

読むことはできないようですが、

後述の漫画の中で、

「Bar:Mangalica特別編」が読めるそうです)

では、「マンガリッツァ豚」って何でしょう?

それも調べてみました!

こんなもふもふのブタさんなんです!!

(出典:ピックサラミハンガリー

か、可愛い…もふもふですね(*´Д`)

マンガリッツァ豚とは、

ハンガリー原産の豚なのですが、

実は1991年には191頭まで数が激減し、

絶滅危機にまで追い詰められていたそうです。

現在では5万頭にまで復活しましたが、

それでもその希少性から、

なんとハンガリーの「国宝」

指定されている豚だそうです!

では、なぜ松本救助さんは、

そんな珍しい豚さんを漫画の

主人公にしようと思われたのか?

たまたまニュースで「マンガリッツァ豚」

のことを紹介していて、

名前に「マンガ」が入っていたから…

と言うたまたまのご縁だったようです(笑)

もちろん、元々とってもブタさん愛の強い方のようで、

松本さんのブログにはブタさん関連の

記事がたくさんありました^^

松本さんのブタさん愛の溢れるお言葉、

「ブタさんはね いるだけで人の心をその顔で

ほっこりさせてくれるの…」

うーん、同感です。

可愛いですよねブタさん(*´Д`)

スポンサードリンク

2.松本救助さんがハンガリーの国賓に?

では、そんなブタさん漫画を

描かれていた松本さんが、

どういう経緯で国賓に迎えられるように

なったのでしょうか?

先ほどご紹介したWeb漫画

「Bar:Mangalica」を、

マンガリッツァ豚を扱うハンガリーの

食肉加工会社、ピック社さんの

東京事務所の職員さんが、マンガリッツァ豚を

騙る偽物のネット上のパトロール中

発見されたそう。

さすが国宝のブタさんともなると、

そんなパトロールも欠かせないんですね!

というか国宝のブタさん、食べられるんですね!

そのことにもびっくり^^

そこからピック社の東京事務所所長さんが

松本さんにコンタクトを取られ、

FOODEX(国際食品・飲料展)に

マンガリッツァ豚を出展するにあたって、

協力を依頼されたそう。

それがご縁となって、ハンガリーに国賓として招かれ、

首相と会食したり、ハンガリーのテレビ番組に出演したり

もされたそうです!!

ブタさんの繋ぐ数奇なご縁・・・!

すごいですよね( ´∀`)

偶然ですが、普段からの松本さんのブタさん愛が

引き寄せた運命だったんでしょうね^^

その経緯を書かれたのが松本さんの

『ブタが好きすぎてハンガリーの国賓になりました』(ポプラ社)

という漫画本です。

その中に先ほど述べた「Bar:Mangalica特別編」が

掲載されているとのこと。

要チェックですね^^

スポンサードリンク

3.日本でもマンガリッツァ豚を食べられる?

「食べられる国宝」のマンガリッツァ豚を

紹介しましたが、美味しいのでしょうか?

マンガリッツァ豚の祖先は、

日本でもよく食べられている

イベリコ豚と同じで、

濃い肉質も味も似ているそう。

一般の豚肉よりも多くのビタミンや

ミネラルが含まれ、老化防止に良いとされる

抗酸化酵素もたっぷり。

さらに飽和脂肪酸が少なく、

健康にも良いそうなんです(‘v’*)

さすが国宝のブタさん!!(笑)

日本でも、まだどこででも手に入るわけでは

ありませんが、高級品として小売店や百貨店などの

取り扱いも増えてきているよう。

マンガリッツァ豚のサラミをいただきつつ、

松本さんの漫画を読んだり…

なんて、ものすごい贅沢ですよね^^

まとめ

漫画家・松本救助さんと、

「食べられる国宝」マンガリッツァ豚との

不思議なご縁についてご紹介しました^^

ブタさんが主人公の漫画がご縁で、

国賓として招かれるってすごいですよね。

ちなみに、日本人でハンガリーに国賓として招かれたのは、

海部俊樹元総理と、天皇皇后両陛下

続いて4人目だそうです。

メンバー凄すぎますΣ(´∀`;)

それでは、最後まで読んでいただいて

ありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする