遠藤秀紀(解剖学者)の遺体科学や著書がすごい!パンダの指は7本?!【クレイジージャーニー】

遺体科学、という学問をご存知でしょうか。

字面がすごいですよね(゚д゚)

「遺体科学」を新しい学問体系として

始められたのは、解剖学者

東京大学総合研究博物館教授の、

遠藤秀紀さんです。

12月6日(水)放送予定の

「クレイジージャーニー」でそんな

遠藤秀紀さんが紹介されるということで、

先駆けて著書研究について

少し調べてみました!(‘v’*)

スポンサードリンク

<目次>

1.遠藤秀紀の遺体科学とはどんな学問?

2.パンダの指は実は7本?!遠藤秀紀の著書がすごい!

1.遠藤秀紀の遺体科学とはどんな学問?

では、遠藤秀紀さんが始めた

「遺体科学」はどんな学問なのでしょう。

遺体から学ぶ、という観点では

類似点のありそうな解剖学とは

どう違うのでしょう?

遠藤秀紀さんのHPには、

こう書かれています。

西欧ではナチュラルヒストリーの

系譜に解剖学という体系が

育てられました。

対照的に日本では解剖学の発展が

乏しく動物の遺体を研究するという

姿勢が確立されませんでした。

(中略)

私たちは大量に遺体を収集し、

遺体に謎を問い、

遺体から新しい真実を発見します。

そして、遺体を標本として未来へ

引継ぎ、人類の知に貢献します。

解剖学の範疇を超えて、

ここに、新しい学問体系として

「遺体科学」の始まりを宣言します。

(出典:東京大学総合研究博物館遺体科学研究室HP

なるほど、遺体の収集や未来への

引き継ぎという点は、

解剖学とは一線を画すものですね。

実際の遺体の解剖シーンは結構衝撃的で、

動物園で天に召された動物の亡骸を

そのまま研究室に運び込み、解剖するよう。

象の腸をブルーシートに並べるシーンなど

もちろん当たり前なんですけど、

素人には少しビックリの

現場ですよね(;・∀・)

遺体と向き合う解剖現場を「闘いの場」

表現する遠藤秀紀さんは

とてもプロフェッショナルで、

かっこいいと素人丸出しの

感想を抱いてしまいました。

アジアゾウの骨を取り出すために、

地中に埋めて腐らせてから

骨だけにしたり、

ニワトリを煮て骨を取り出したり。

「研究」「学問」と聞くと、

研究室で白衣を着て…なイメージでしたが、

そうではなくて本当にアクティブな

行動力が必要とされる、

過酷な体力勝負の現場なんですね。

スポンサードリンク

2.パンダの指は実は7本?!遠藤秀紀の著書がすごい!

遠藤秀紀さんはたくさんの本を

書かれていますが、そのタイトルも

面白いので一部を紹介します(*´∀`)

『パンダの死体はよみがえる』(ちくま新書)

『解剖男』(講談社現代新書) 

『遺体科学の挑戦』(東京大学出版会 )

『ニワトリ 愛を独り占めにした鳥』(光文社新書) 

全部ものすごく面白そうですよね(笑)

また、遠藤秀紀さんが監修した絵本

『パンダの手にはかくされた

ひみつがあった!』(くもん出版)

なんかもあります。

その中身が筆者には結構衝撃的だったので、

少しご紹介します(笑)

どんな絵本かというと…

パンダの指は、長い間

「5本の指と一本の偽物の親指で

ものを握る」とされていたそうです。

※実は筆者はそれすらも

知らなかったのですが(゚∀゚)

しかし、パンダに筒を握らせて

CTスキャンをとった遠藤秀紀さんは、

「パンダには7本目の指がある!」

叫んだそう…。

え、パンダって7本指

だったんですか!(◎_◎;)

どういうことかというと…

5本指の他に、親指の位置に

橈側種子骨(トウソクシュコツ)という

指が一本。

さらに、小指のもう一本外側に

副手根骨(フクシュコンコツ)があるそう。

びっくりですね、5本の指と

この第6・7の指(骨)とで

しっかりと竹を掴んで

笹を食べるそうです。

そうでなければ、普通のクマは

5本指が全て横一列に並んで

ついているので、「掴む」という

動作ができないそうです。

雑学として披露したら、ちょっと

びっくりしてもらえるかも?!(‘v’*)

まとめ

解剖学者「遺体科学」の始祖、

遠藤秀紀さんについて

ご紹介しました(*´∀`)

ちょっと初耳では衝撃的な

学問ではありますが、

人類や動物学の発展には欠かせない知識を

脈々と受け継ぎ蓄積させるという、

とても意義のある素晴らしい学問ですね…

遠藤秀紀さんの研究は、

骨の展覧会などでも

度々紹介されているようです。

大人の方はもちろん、

お子様のいらっしゃる保護者の方々にも、

小さな頃からの知的好奇心の芽生えに

もってこいかもしれませんね!

それでは、最後までご覧いただき

ありがとうございました!(*´∀`)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする