ポルボロンはスペインのクリスマスお菓子!作り方や買える場所・通販は?【グレーテルのかまど】

こんにちは、こんばんは。

たびなすです(*^∀^)

皆さんはスペインのお菓子といえば

何を思い出しますか?

たびなすは…お恥ずかしいことに

特に何も思い出せませんでした(´Д`)(笑)

スペイン料理もかろうじて

ガスパチョスープが思い出せたくらいで…

今度の「グレーテルのかまど」

スペインのお菓子ポルボロン

紹介されるとのこと。

出典:グレーテルのかまど公式HPより

ポルボロン?聞きなれない名前…

と興味を持ったので

早速調べてみました(`・ω・´)ノ

スポンサードリンク

<目次>

1.ポルボロンってどんなお菓子?故郷は?

2.ポルボロンの作り方・レシピは?

3.日本でポルボロンを買えるのはどこ?通販は?

1.ポルボロンってどんなお菓子?故郷は?

ポルボロンとはスペインの

焼き菓子・クッキーなんだそう。

それもただのクッキーではなく、

ほろほろっと崩れるクッキーで、

その名前の由来も塵を表す

「ポルボ」からきているんですって。

材料は小麦粉とラードと砂糖がメインだそう。

こ、この材料は…たびなすの愛する

沖縄銘菓ちんすこうと

同じではないですか(゚д゚)!

そういえばちんすこうも

ほろほろっと崩れて

美味しいですものね(*´Д`)

ポルボロン≒ちんすこうなのかな?

スポンサードリンク

ポルボロンの故郷は、スペインの

アンダルシア地方の修道院だそう。

なんと1200年前に生まれたと

いうから驚きですね。

スペインではポルボロンはクリスマスの

お菓子として売られるそうで、

ちんすこうと同じように味も

バラエティ豊かで、チョコレートや

レモン、シナモンなどもあるそうです。

キャンディのように包んで

売られているのはちんすこうとは

違いますね(ノ´∀`*)美味しそう・・・

スポンサードリンク

2.ポルボロンの作り方・レシピは?

ポルボロンの簡単な作り方が

あったのでご紹介します(‘v’*)

★材料★
バター ・・・60g

ショートニング・・・65g

粉糖・・・40g

薄力粉 ・・・120g

アーモンドプードル(皮なし)・・・65g

塩・・・小さじ1/4

★作り方★

①ボールで薄力粉とアーモンドプードルを入れ手で混ぜる

②ふるいに通す

③オーブンペーパーを敷いた天板に②を広げ、
120度のオーブンで1時間焼く。時々混ぜて満遍なく焼く事。

④バターとショートニングを混ぜて軽く泡だて、粉糖を2回にわけて加える。

⑤塩を加えてさらに泡立てる。

⑥③を2回に分けて加え、全体に混ぜる。

⑦生地をボールの内側に貼り付けて冷蔵庫で15分ほどしっかり冷やす。

⑧ボールに丸めて天板に並べる。

⑨160度のオーブンで15分ほど焼く。

スポンサードリンク

簡単ですね(*´Д`)

⑨の時にしっかり生地を冷やして

休ませるのがポイントだそう。

それにしても粉の時によーく焼く

というのは面白いですね(`・ω・´)

3.日本でポルボロンを買えるのはどこ?

日本でポルボロン

食べられないのかな?

と思って調べてみたのですが…なんと!!

みんな大好き(?)高級スーパー

成城石井に売っていました(゚д゚)!

ポルボローネという名前ですが、

「ほろっサクッと香ばしい

スペインのお菓子」と書いてあるので

間違いないですね(ノ´∀`*)

スポンサードリンク

お味は現在4種類で「和三盆」

「メープルシュガー」「リッチショコラ」

「宇治抹茶」があるそう。

気になるお値段は100グラムで

450円、なかなかのお値段ですが

絶対美味しいやつですね(笑)

成城石井オンラインショップでも

売っていますので、お近くに

成城石井がない人でも

お取り寄せができますよ(*´Д`*)

成城石井オンラインショップ

スポンサードリンク

まとめ

今回はスペインのクリスマスの

お菓子ポルボロンを

ご紹介しました(ノ´∀`*)

番組ではアンダルシア地方の

エステパ村の、ポルボロンの

誕生した修道院の紹介も

あるようなので楽しみですね!

それでは今回も最後まで

ご覧いただきありがとうございました^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする