建築家・隈研吾の梼原町雲の上のギャラリー・雲の上のホテルって?【美の巨人たち】

雲の上のホテル・雲の上のギャラリー

名付けられた建物をご存知でしょうか?

世界的建築家・隈研吾氏のデザインした、

巨大なモニュメントのような建物です。

(出典:梼原町公式HP

高知県は高岡郡梼原町(ゆすはら)には、

そんな建築家・隈研吾氏の建築物が

複数点在していて、建築家たちだけでなく、

建築が好きな方の一大観光スポットと

なっているそう。

4月7日(土)の「美の巨人たち」にて、

そんな隈研吾氏が梼原町に建てた

雲の上のギャラリー」が紹介されるとのことです。

どんな素敵な建物なのか、どんな町なのか?

気になったので調べて見ました(*´∀`)

スポンサードリンク

<目次>

1.建築家・隈研吾氏のプロフィールや建物は?

2.高知県・梼原町ってどんなところ?

3.建築家・隈研吾氏の雲の上のギャラリーって?

4.建築家・隈研吾氏の梼原町にある他の建物は?

1.建築家・隈研吾氏のプロフィールや建物は?

隈研吾氏は1954年神奈川県生まれ。

家の修繕をするデザイン好きの父親の影響で、

建築に興味を持ったそう。

そして1964年の東京オリンピック建築

を見て、建築家を志したとのこと。

若干10歳程で将来の仕事を志し、

そしてそのまま叶えてしまうんだから

すごいですよね。

東京大学工学部建築学科卒業後は、

大手設計事務所などに就職したのち

1990年に隈研吾建築都市設計事務所を設立。

初期はおしゃれなポストモダニズム建築を

発表していたそう。

そして、冒頭にお話しした

高知県高岡郡梼原町との関わりをきっかけに、

木材など自然素材を活かした建築や、

縦格子を多用したデザインが

特徴的な作品も増えたそうです。

では、その高知県高岡郡梼原町とは

どんなところなのでしょうか。

スポンサードリンク

2.高知県・梼原町ってどんなところ?

建築家・隈研吾氏が高知県梼原町

関わるようになったきっかけは、

昭和23年に建設された梼原町

木造建築「ゆすはら座」の存続だそう。

では、その梼原町とはどんな町なのか、

調べて見ました。

梼原町は町の面積の91パーセントを

森林が占める、緑豊かな町だそう。

標高1455メートルになる雄大なカルストに

抱かれた山間の小さな町…

と公式HPに謳っています。

(出典:梼原町公式HP

91パーセントが深林とは、

本当に自然豊かな町ですね(゚д゚)

いたるところに手付かずの自然が残り、

さらに森だけではなく晴れた日には

太平洋から瀬戸内海まで一望できるとのこと。

高知龍馬空港から車で

1時間40分かかるそうですが、

一度行くともう帰りたくなくなりそうな

景色のいい町のようです…

緑豊か、自然豊かなHPを見ていると

ぜひ訪れたくなりました…

丘で牛が遊んでいる様子なんかもあって、

凄まじく癒されそう(*´ω`*)

そんな梼原町のHPには

「梼原町×隈研吾」という特設コンテンツまで

あるのですよ!

隈研吾氏と梼原町との関わりの深さが

うかがえるというものですね(*´∀`)

スポンサードリンク

3.建築家・隈研吾氏の雲の上のギャラリーって?

今回番組でも紹介される予定の

「雲の上のギャラリー」とは、

約170平方メートルの広い

ギャラリーです。

渡り廊下を利用して併設された

「雲の上のホテル」「雲の上の温泉」にも

移動できるのだとか。

内外装には梼原町の木材を

ふんだんに使用し、

格子に組んだ木材がすごく美しいのです…

(出典:梼原町公式HP

立体的に組んだシンメトリな

木材が神々しいほどです。

公式HPによると、

「梼原の森の中に溶け込ませたい」という

思いから生まれたそう。

伝統的な木材表現をモチーフとして、

刎木(はねぎ)を何本も重ねながら、

桁を乗せていく「やじろべえ型刎橋

(はねばし)」という技法だそう。

世界でも類を見ない架構形式による

唯一の建物…とのこと。

確かにパッと見たときになんとなく

「神殿?!」とか思いました。

それほどにド迫力かつ

荘厳なんですよね(´Д`*)

「雲の上のギャラリー」

〒785-0621

高知県高岡郡梼原町太郎川3799-3

TEL:0889-65-1100

FAX:0889-65-0606

スポンサードリンク

4.建築家・隈研吾氏の梼原町にある他の建物は?

梼原町にある建築家・隈研吾氏の

建物は、それだけではありません。

他に「梼原町総合庁舎」

「まちの駅ゆすはら」も手掛けたそう。

先ほどご紹介した「雲の上のホテル」

「雲の上のギャラリー」と合わせて

4つもの隈研吾氏の建物が

近隣に点在しているのだからすごいですよね。

しかも、梼原町総合庁舎ということは町の顔!

やはりそれらにも梼原町の杉材が

ふんだんに使われているそう。

梼原町総合庁舎(出典:梼原町公式HP

雲の上のホテルと同様に、

とても斬新で立体的な木材建築なのに、

伝統的な技法や茅葺き屋根などを

取り入れているため、周りの豊かな森林や

町にとてもマッチしているんですよね。

また、まちの駅ゆすはら

梼原町の特産物販売とホテルが融合した

宿泊施設でもあるので、

梼原町に観光にきた際には、先ほどの

「雲の上のホテル」と合わせて

必ず訪れたい施設でもありますね。^^

まちの駅ゆすはら(出典:梼原町公式HP

「まちの駅ゆすはら」

〒785-0610 高岡郡梼原町梼原1996-1

電話:0889-65-1288

Fax:0889-65-1277

スポンサードリンク

まとめ

緑豊かな梼原町と、その町の顔とも言える

数々の建築物を手がけた

建築家・隈研吾氏をご紹介しました!

梼原町にはぜひ一度訪れたいですね(*´ω`*)

都会の喧騒を忘れて自然に

包まれて癒されたい(笑)

そしてその際にはぜひ隈研吾氏の、

梼原町の木材をふんだんに使った

建築物を堪能したいですね!

それでは今日も最後までご覧いただき

ありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする